Nonの作業世界

音楽についてごたごたもろもろ語るばしょ。のつもり。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
entries.
categories.
archives.
bookmark.
about.
recommend.
MOBILE
qrcode
other.


<< ここは六畳間の妄想アパート : main : 花畑のポルカ企画完結いたしました! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

: - : : - :
解法のヒント@妄想アパート
 本日、いやもう日が回ったので昨日ですね!M3!参加された方もそうでない方もおつかれさまでしたー!
佐倉は途中までぼっちでふらっふらして、途中からるーなさんと一緒にふらふらしてたんですが、いろいろな方々に構っていただいたりお菓子もらっちゃったりお菓子もらっちゃったりしてとても嬉しかったです!
そして、委託頒布作「妄想アパート」もたくさんの方々にお手にとって貰えて本当に本当に感無量です!ありがとうございます!スタッフ一同、頑張って作った作品なのでどうぞ楽しんでいただければ幸いでございます!|ω`)

で、今回もまあ恒例となりました解法のヒントです。
完全に妄想アパートのネタバレとなりますので、是非是非作品を視聴してからご覧くださいませ!
あと作品を素直にご自身の解釈で楽しみたいという方も閲覧をお控えいただければ幸いです。佐倉ワールド全開なのでご容赦下さい。

読んでやるよハッ!って方は続きよりどうぞ!
 そもそも今回のおはなしを考えるときに、企画発案のさっちゃんに「うざいイケメン」指定を頂いて、なんでだか忘れたけど「猫だ!猫耳だ!」って思ったのがなんか発端なようなそうでないような。なんで猫耳にしたんだろう…でも最初から漠然と猫耳ってのが頭にあったような…

今回題材にしたのは、お話にも出てきておりますラプンツェルやバベルの塔、猫のラファエロ、とかそのへんです。
お話を作るうえで、「Raffaello Savantらしい話にしたいなー」と思っていたら、前回のAlcioneはポルカの宣伝作みたいなもんだったので、今回はもうラファエルらしいっていうか、らふぁえるさばんのサイト名そのものを題材にしちゃえばいいんじゃない?となり。

猫のラファエロ、というのは、サヴァン症候群の画家ゴットフリート・ミントの逸話で、猫の絵を描くのに天才的な能力を発揮するのだとか。ただ、ゴットフリートは一方で読み書きができませんでした。
それからあとは大学の授業で習った話。芸術作品というのは、作者の理想や願望が具現化した形ということです。

つまり作中ラプラエロは、作中言ってるとおり実際はただの引きこもり少女なのですが、絵を描くことで彼女の持つ願望、たとえば自分のことを無償で愛してくれる王子様だとか、自分の周りを騒がしてくれる小悪魔たち、煌びやかな世界、プリンセスの自分、引きこもりする理由、そんな彼女の理想郷(イデア)を発散することができる、ということです。
ラプラエロにとっては言葉が解せないのはバベルの塔を作る世界、要するにそもそも「言語」という概念のない、英語やフランス語や日本語や、そうした区切りのない世界だから。外に出られないのは開ける勇気がないんじゃなくて扉が開かないから、自分が引きこもりなのは、自分がいつか助け出してくれる王子様を待つラプンツェルの姫君だから…と、このように自分に言い訳するようにラプラエロは絵を描いて、自分の「引きこもり」を正当化していく。なんか大体そんな感じのお話です。
その証拠に、シュヴァルツは初登場シーンで開かない扉から入ってくる。要するに、本当は扉はいつでも開いているのです。

ラプラエロがシュヴァルツにつんつんなのは、自分の元に「王子様」が本当に現れてはいけないから。王子様がやってきたらラプンツェルは塔から解放されなくてはいけないし、そうなったらラプラエロは部屋から出なければならない。だから、現れる王子様、要するにシュヴァルツの絵をパレットナイフで破いてしまう。それでもラプラエロには王子様が必要だから、どうせまたすぐにシュヴァルツを描くことになる、という無限ループ。

別に引きこもりが悪いとかそういうことを言いたいお話じゃなくて、ラプラエロにとっては六畳間の部屋が彼女の世界のすべてで、本人がそれを納得してるならいいんじゃない?というなんともどっちつかずな投げかけで終わってしまいます。まあいいか悪いかはリスナーの貴方次第!ということで。

ちなみに、上記したとおりラプラエロの描く世界は言語という概念がないので、作中でも英語やらドイツ語やらほかにもいろいろ、いろんな国の文化が混ざりに混ざってます。オープニングでなんかよくわからないランラン言ってるコーラスが入ってるのは、誰にでも理解できる、それこそ大人でも子供でも、どこの生まれでも同様に歌えるようになる言葉、=スキャットだから。オープニングはバベルの塔の建築をイメージして作ったのですが、バベルの塔を作り上げる人々はお互いにスキャットという意思疎通の方法を持っている、ということです。


なんか大体こんなお話!今回もいろいろカオスだぜてへぺろ★ただ、他にもキャラの細かいお話に突っ込むときりがないので、そのへんはお聞きくださった皆様に自由に解釈していただきたいと思います!
ちなみに佐倉「そとになーんてーでるーひつーようーはなーいのー♪」ってフレーズがすごい好きですいえーい★


それからあれです、ジャケットにある鉄格子のかかった窓の向こうにちゃんとバベルの塔があるのでCDお持ちの方は是非目かっぴらいて見ていただきたい。な!
: 妄想アパート : 00:35 : comments(0) :
スポンサーサイト
: - : 00:35 : - :









http://tramblanka.jugem.jp/trackback/37